取っ手が取れるおしゃれなフライパンがアイリスオーヤマから新登場!こびりつきにくいダイヤモンドコートパンだから丈夫で長持ち♪【IH対応】

収納や、そのまま食卓に出すことを考えたらフライパンは取っ手が取れるものが断然おすすめです。

なので、我が家では長いことティファールのフライパンセットを使ってきましたが、このたびアイリスオーヤマから取っ手が取れるおしゃれなフライパンシリーズが新登場♪

ダイヤモンドコートパン

ダイヤモンドコートパンからスタイリッシュなホワイトカラーが発売されました!


アイリスオーヤマ ダイヤモンドコートパンマーブルIH用12点 ホワイト ISN-SE12

スポンサーリンク
スポンサーリンク

取っ手が取れるフライパン「ダイヤモンドコートパン」12点セット

ダイヤモンドコートパン 12点セット

ダイヤモンドコートパンシリーズはバラ売りもされていますが、今回はお得な12点セットを購入しました。

セット内容

  • エッグパン(卵焼き)×1
  • 炒めなべ 26cm×1
  • フライパン 26cm×1
  • なべ 16cm×1
  • なべ 20cm×1
  • 専用マルチハンドル(取っ手)×2
  • ガラスふた 16cm×1
  • ガラスふた 20cm×1
  • ガラスふた 26cm×1
  • REシールふた 16cm×1
  • REシールふた 20cm×1

なべ、フライパンにガラスふたにREシールふた、それぞれ自由に組み合わせができる便利なセットです。

ダイヤモンドコートパン 取扱説明書

別途取扱説明書もついてます。

これだけのセットでもお値段はティファールの半額くらいなんですよ。コスパがいいですよね。

食卓にそのまま出せる美しいフライパン&鍋

取っ手が取れるので、作りたてのあつあつを食卓でいただけます。

しかもただ取っ手が取れるということだけではなく、見た目にとってもおしゃれ♪

ダイヤモンドコートパン 外側は白色

外側は白。

アイボリーっぽい白とかベージュっぽい白とかではなく、真っ白な白です。

ダイヤモンドコートパン 内側は石模様

内側は石っぽい見た目です。

これが料理にどう映えるのか、楽しみですね♪

調理面の耐摩耗性試験を50万回クリア

見た目が美しいというだけではなく、実力もすごい。

なんと調理面の耐摩耗性試験を50万回もクリアしています。

フライパンの素材やコーティング技術はいろいろあるけれど、結局どれがいいのか?

テフロン?フッ素?

鉄?セラミック?ホーロー?

各社それぞれに力を入れていると思いますが、このダイヤモンドコートパンも期待できそうです。

IH対応(ガス火もOK)

我が家のキッチンはIHです。

IHだとどうしても鍋やフライパンが使えるものが限られて来るのですが、このダイヤモンドコートパンはしっかりIH対応。

もちろんガスでも使えます。

重ねて収納できるからかさばらない

取っ手がとれると収納も便利です。

フライパンはもちろん、なべも重ねて収納可能です。

取っ手が取れると洗いやすい

なべやフライパンから取っ手をとってしまえば、ただの器です。

余計な凹凸が一切ないので、洗うのもラクラク!

そのまま冷蔵庫にストックできる

ダイヤモンドコートパン 冷蔵庫にストック

取っ手を外してREシールふたをすれば、そのまま冷蔵庫へ入れられます。

こうしてちょっと保存容器として使えるのも便利です。

オーブンもOK

ダイヤモンドコートパン オーブンOK

取っ手が取れるとオーブン料理にもフライパンは活躍します。

煮込みハンバーグとか、フライパンで焼き目を付けてからオーブンでじっくり焼けばふっくらやわらかく仕上がりますよ♪

マルチハンドル(取っ手)の使い方

ダイヤモンドコートパン 取っ手

取っ手の使い方は、ティファールとはちょっと違います。

取り付けかた

  1. ロックを解除した状態でシリコンフックを引っ掛け、鍋のふちをはさむ
  2. 矢印の方向にレバーを回してシリコンフックを固定する

取り外しかた

  1. 矢印の方向にレバーを回す
  2. ロック解除ボタンを押してシリコンフックを開放する

……と、文章で書くとなにやら難しいですが、やってみれば簡単です。すぐ慣れると思いますよ。

卵焼きやオムレツもこびりつきにくい

ダイヤモンドコートパン そのまま食卓に出せる

新しいフライパン、さっそく卵焼きを作ってみたり、オムレツを作ってみたり、ステーキを焼いてみたり。焼き魚もフライパンでやってみました。

使い勝手はなかなかいいですよ。ごびりつくことなく快適です♪
洗い物もラクラク、スポンジで軽くこするだけで汚れがするっと落ちます。

あとはどれぐらい長持ちしてくれるか…。

値段がティファールの半分くらいだったことを思えば、耐久年数も半分いけば良しとするべきなのかな(笑)

ただ現時点ではティファールと比較しても劣るところは見当たりません。
重さもダイヤモンドコートパンのほうがやや軽い感じで使いやすいです。

何より見た目がおしゃれなので、これで食卓に出すとテンションが上がります。
やっぱり白いフライパン、買って良かった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キッチン雑貨

ブログランキングに参加しています。
お役に立ちましたらぽちっとお願いいたします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ほっこり*おうちじかん