リビング時計は「スミス 復刻版 レトロ ウォールクロック」でナチュラルアンティーク風に♪1日に何回も見るものだから見やすさもかわいさもこだわりたい。

出先ではスマホで時間を確認する人も増えたかと思いますが、家の中ではまだまだ掛け時計、もしくは置き時計で時間を確認しますよね。

レトロ ウォールクロック

特にリビングの時計となれば、1日に何度も見るうえ、お客様の目にも止まる大事なアイテム。だからこそ見やすくて、かつかわいいものを選びたいものですよね。

ナチュラルアンティーク風な時計がほしい!

インテリア雑誌などでもよく取り上げられている「 レトロ ウォールクロック」。


SMITHS スミス 復刻版 レトロ ウォールクロック

こちらはアンティーク市場でも人気の時計スミス社の復刻版で、こちらは当時の雰囲気そのままに再現されているそうです。
ちょっぴりレトロな雰囲気で、赤い秒針がポイントになっていてとってもかわいいんですよね。この時計、以前から気になっていました。

お値段も手頃だし、きっと我が家のリビングのインテリアにも合うはず!
リビングの時計はこの掛け時計に決めました。

レトロ ウォールクロックの詳細

届いた時計がこちら。

レトロ ウォールクロック表面

大きさは直径25.5cm×奥行き7cm、文字盤直径20cm。比較的よくあるサイズです。

思った通り、赤い秒針がきいていてかわいいです♪

時計本体はこんな感じでアンティーク風の塗装になっています。

レトロ ウォールクロック左側面

レトロ ウォールクロック右側面

刷毛の塗りムラが再現されていて、さらにその塗装が剥げたような雰囲気までもが再現してあります。細かい!

裏面には壁に掛けるための壁掛穴がついてます。

レトロ ウォールクロック裏面

電池は単三が付属。

時計を掛けるための下準備

時計を壁に掛けるための釘を打ちます。

間違っても壁にいきなり釘を打ち込むことはしないように!

下地の上にしっかり釘を打たないと、後に時計が落下してしまう場合もありますよ。

壁の中の下地を確認するには、このような壁裏探知機を使います。

ジルコン スタッドセンサー


ZIRCON(ジルコン) 壁裏探知機 下地センサー F19

(※私が持っているものよりも新しいです。)

壁裏探知機で下地を確認し、印をつけます。

確認ができたらいよいよ釘を打ちます。ちょっぴり緊張の一瞬。

壁に釘を打つ

下準備OKです。

時計を掛けて完成

それでは、いよいよ打った釘に時計を掛けます。

どうでしょう?いい雰囲気じゃないですか?

時計に厚みがあるのでレトロっぽい雰囲気をかもし出しています。そしてなにより、文字盤がはっきりしているのでとっても見やすいです。

秒針はコチコチしないスイーブ運針なので音もなく静かです。これならお昼寝の邪魔にもならないぞ!?

あなたの家のリビングにもナチュラルアンティーク風の「レトロ ウォールクロック」いかがでしょうか?

壁裏探知機をお持ちでなければ合わせてどうぞ。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

フォローする